日々是亜細亜

フィリピンを皮切りに、アジアの可愛い女の子を探す旅をしています。

Live Chat




Friend's Blog


Favorite Blog


Rate

USD PHP CNY THB VND
1円あたり こちら こちら こちら こちら こちら
日本円にすると こちら こちら こちら こちら こちら


嬉しい誤算

何時もだったら一人しか指名しないので、文句無しでスレンダーをお餅していたところなのですが、やはり朝までまったりしたいという思いに勝てず、後ろ髪を引かれる思いでスレンダーを諦めて、ちょいポチャをお持ちするに至った経緯は前回のエントリで書いた通り。従って部屋に戻ってからも、自分の選択を後悔していた為、暫くはテンションが下がりっぱなしでした。

他にすることもないので早速凸凹することにしました。いつものように一緒にシャワーを浴びようと言うと、駄目と即答されたので彼女に先に勧めました。その間私は短時間で色んな準備を整えてから、交代でシャワーを浴びに行きました。

戻ってくると彼女はベッドの中にいてテレビを見ていました。私も隣に潜り込み、自分のバスタオルを取り、その後彼女のも剥ぎ取って凸凹開始です。普通に抱き合ってキスしていたら、彼女の様子が段々と変化して激しさを増していきました。どうやらキス魔のようです。私も彼女の激しさに答えながら、乳首を指で転がしていきました・・・

続きを読む »

上海へ

今月は上海に行って来ました。今回は純と二人です。日程の関係上、2泊3日だけでしたが、かえって密度の濃い?内容になったと思います。



いつもと違い朝便で上海入りしました。空港でもたついた分、ホテル到着は正午過ぎになってしまい、慌てて用事を済ませに行きました。今回はかなり遊びモードだったため、用事の最中でも二人とも凸凹のことで頭は一杯(笑)従って半ば強引に用事を切り上げ、一旦ホテルに戻りました。夜まではまだ時間が早いので、いつものマッサージに行きました。ところが何故か店は閉まっていて、仕方なく現地友人に別の所を教えて貰いました。前の所より少し高くて80分50元(¥750)です。結構力が強く、凸周辺も若干触りながらしっかり揉んでくれました。かなり気持ち良かったです。その後いつも行く日本料理屋へ行き、食事を済ませました。それでもまだ時間が早かったため、目的のKTVまで歩こうということになり、純と2人で外に出ました。地下鉄を使えばどうってことのない距離ですが、遠いこと遠いこと。1時間以上歩いて汗だくになってしまいました。そこで地下鉄を探して乗り込み、あっと言う間に目的地に到着しました。

このKTVは、昨年純と一緒に行き、二人してお餅したのですが、純は飲み過ぎて凸凹出来ず終い。結構彼女のことが気に入ったにも関わらず、凸凹出来なかったことが相当心残りなようでしたので、再度挑戦することになったのです。部屋に通され小姐を待っていましたが、土曜日だったため人の少ないこと!そこに純のお目当ての彼女の姿はありません。結局その中から純は一人、私は二人選びました。純の選んだ小姐は賑やかなイケイケ系。私はスレンダーの可愛い系と、ちょいポチャのロリ系です。暫くそこで遊んでいたのですが、凸の落ち着きが無くなってきたので、早速交渉開始。可愛い系はショート専門でロリ系は朝までOKとのこと。悩んだ末にロリ系にしました。相手の決まったところでお開きにし、精算して店を出ました。まだ10時過ぎだったので、純はどこか飲みに行きたそうでしたが、首を横に振ってホテルに戻ることにしました。

北京も鬼門?

このところババエに全く縁のない私。3月にフィリピンで恋に破れる前にも、2月に北京でこんな出来事がありました。



昨年12月に北京に行った時、凸凹の具合の良い小姐に出会い、帰国してからは、私にしては珍しくこまめにメールを送って繋ぎ止め、懲りもせずに2月某日、純と二人で北京に行って来ました。

空港からホテルに向かう途中、お目当ての小姐に、6時にホテルに来るようにメールを入れました。予定よりも早くホテルに着き、荷ほどきをしながら何回かメールのやりとりしてを彼女を待ちます。もうすぐ会えるね!くらいのやりとりでしたが、6時5分前に来たメールに、今日はお正月の終わりの節目で、お姉さん達と食事に行かなきゃいけないので、遅い時間になってもいいか?と返信がありました。日本からも何度も連絡を入れ、全面的に安心していたのですが、いきなり出端を挫かれました。分かってるんだったら最初から2つも約束するんじゃない!と思ってみても始まりませんので、仕方なくOKを出しました。結局純とその彼女、そして私の3人で食事に行くことになりました。食事も終わりそうな7時半頃、純の彼女に電話してもらうと、十時頃にしか行けないと言ったらしいです。そこで純達は先にホテルに帰り、私はマッサージしに行きました。私は十時前にホテルに戻り、そして彼女は十時十五分頃ようやく来ました。早速純達の待つホテルのバーで合流。そこで色々話をしようとしたのですが、なかなか上手くかみ合いません。それもその筈、前回は2回凸凹して、簡単な会話をしただけでした。日本語も有る程度話せて、日本人の中国語の発音も理解できる純の彼女と違って、日式の日が浅い彼女と言葉で上手くコミュニケーションが取れないのです。私は二、三度聞き返せば、ある程度理解出来たのですが、話す方は発音が難しくてなかなか聞き取ってくれません。かみ合わないまま部屋に戻ることになりました。その後言葉の要らない凸凹を終えて(笑)まったりしていると、風邪を引いているので帰っていいかと訊ねてきました。朝まで一緒に居る約束をしていたのでムカッときましたが、半分投げやりになって、何でもいいよ、と答えました。調子に乗ったあの馬鹿は、帰り支度しながら、今度は私の中国語にケチをつけてきたのです。

続きを読む »

メール通SMS

皆様ご無沙汰しております。気が向いたので久し振りに更新してみます。

1月にフィリピンへ行きましたので、その時の旅行記はまた別の機会に
書きますが(本当かな?)、今日はフィリピンではなく中国のお話です。

中国はもう10回ほど行きましたが、純と違って決まった特定の小姐は
いませんでした。ところが12月に北京に行ったとき、ちょっと気になる
小姐に出会ってしまいました。顔が特別可愛いわけではありませんが、
抱き心地の良い淫靡な体つきと、凸凹の相性が◎。正直早く北京へ
飛んでいきたい気分です(爆)

帰国してから、なんとか安くて連絡を取る方法がないものかと探して
いたら、Cafe Chinaのメール通SMSに突き当たりました。これが
なかなか優れものなのでご紹介したいと思います。

続きを読む »

凸凹よりも・・・

翌日は、用事を済ませた後、マッサージに行きました。いつもの
ように2人付けて揉んでもらいます。スッキリした後、友人の
Rさんのところへ行き、その後ホテルに戻りました。この日の
夜は、トトさん達と食事することになっていたので、Dさんに
教えていただいた朝鮮料理のお店に予約を入れました。約束
までまだ時間があったので、しばらくホテルでまったりして過ごし
ました。時間になったのでロビーに降りていくと、最後の夜に
気合い全開の純が既に居ました(笑)そしてトトさん達が乗って
きたタクシーに乗り込み、そのお店に向かいます。時間よりも
少し早めに到着し店の前まで行くと、チョゴリを着たお姉さん達が
入り口で出迎えてくれました。席に案内され、料理を注文。この
お姉さん達は、中国語は勿論、日本語が出来る人も居ました。
食事をしながら皆で話をしていたら、ショーが始まる時間に
なりました。すると今まで料理の注文を聞いたり運んでたお姉さん
達が、徐にマイクを手に取りステージへぞろぞろと上がっていき
ました。裏から出てくるものだとばかり思っていたので、これには
ちょっと吃驚しました。さらに驚いたのは、歌は上手いし、踊りも
上手い。北朝鮮美女軍団そのものです。歌は、日本人客も多い
のか分かりませんが、中国でもとても有名な「北国の春」を
日本語で歌ってました。この曲は北京でも上海でも、行けば必ず
何回かどこかで聞くくらい本当に有名です。

さて、食事も終わり、どこに行こうか相談です。純はKTVに
行く気満々でしたが、昨晩のこともあり、私があまり乗り気に
ならなかったので、とりあえずトトさんの愛人宅近くで玉撞き
しようと提案しました。渋々従う純。結局玉撞きを2時間以上
やっていたので、すっかりいい時間になってしまいました。
流石に純も、この時間から出動しようという気は失せたようで、
私と一緒にホテルに戻ることになりました。ということで最後の
夜は2人とも大人しく寝ることになったのです。しかし何故だか
寝付けず、昨晩のことも気になったので、午前2時過ぎにKさん
に電話してしまいました。昨日のことを謝り、また来たら連絡
するねと言って電話を切りました。そして翌日、私は帰国しま
した。

Kさんには次来たらと言いましたが、実は1年半ほど通った
中国も、一旦リセットすることになりました。今のところ次回の
中国行きは全く予定がありません。かといって、毎月日本脱出
する癖はなかなか抜けそうもなく、今月は大人しくして、どこ
にも行かないつもりでしたが、急遽フィリピンに行くことに
しました(笑)既に9月も渡比することが決定しているので、
暫く毎月通うことになりそうです。

 | HOME |  »

Travel



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール


raccoon

Author:raccoon
Birthday:196X
E-mail:raccoon8@gmail.com




無料カウンター

友達限定!写真&裏話
日々是亜細亜〜写真館〜


最近のエントリー


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


検索フォーム


RSSリンク


PoweredBy

Powered By DTIブログ


DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Book



Love Goods






Cellphone