日々是亜細亜

フィリピンを皮切りに、アジアの可愛い女の子を探す旅をしています。

Live Chat




Friend's Blog


Favorite Blog


Rate

USD PHP CNY THB VND
1円あたり こちら こちら こちら こちら こちら
日本円にすると こちら こちら こちら こちら こちら


Cとの再会 第4話

部屋に入ると、私はすぐに濡れた衣服を脱いで着替えましたが、
当然のことながらCは着替えを持っていません。いきなり脱げと
いうのも変なのでバスローブを掛けてあげました。落ち着いた
ところでCから話が話し始めました。

C 「どうして電話番号変わったの分かったの?」
私 「前にTXTくれたじゃん」
C 「そうだっけ?」
私 「忘れたの?」
C (苦笑)
私 「あなた誰?って何それ!名前くらい覚えておいてよ」
C 「電話が変わっちゃったからごめんね」
私 「別にいいけどさ」
C 「どうしてもお金がいるときに携帯売ったから」
私 「そっか」
C 「以前お金出してもらってたからそれ以上いえないし、
   あの時のことはすごく感謝してるの。」
私 「ふむふむ」
C 「そういえば、どうして彼氏いるって聞いてきたの?」
私 「別に意味はないよ。彼氏いたら来てもらうわけにいかないし」
C 「あなたは彼女は?」
私 「あれからはその時その時で」
C 「ふーん」
私 「あとは木馬のお姉ちゃんと会ってたかな」
C 「それで?」
私 「君は学校へ行かなくちゃ行けなかったから、時間的な制約が
   あるでしょ?それもあって会いやすい方に走っちゃったかな」
C 「ふーん」

その後J(友人Aの元彼女でCの親友)の話から、他の日本人に
好かれた話などいろいろ聞きました。1時間くらい話込んでいたと
思います。会話が途切れたところで私が先にシャワーを浴び、その
後Cにシャワーを勧めました。Cがシャワーからあがってくると、
何故か彼女の携帯からTXTが入りました。彼女の弟からでした。

弟 「Cの弟だけど、姉さんどうしてるか知らない?」

私の携帯をみせると、Cがすかさず返信しました。

C 「明日の朝帰るから」

Cの泊まりが確定しました。するとまた返信が。。。

弟 「姉さんをよろしく」

それを見て2人とも笑いました。
その後、久し振りの2人の夜が更けていきました。

今回Cと会ったのはこの時だけでした。その後は日程上会うことが
できず、TXTだけのやりとりでお別れしました。久し振りの再会は
どうなることかと思ってましたが、会って良かったと思います。
私の中では再びマハルコに昇格。今のところ2号かな!?



banner_02.gif e_04.gif
よろしければクリックしてください。

Cとの再会 第3話

たまに行くビリヤードできるお店に着いたので、3ゲームだけという
約束で始めました。あまりにあっけなく勝ってしまったので、気の毒
になり、もう2回ということで再開。一度は手玉を落として負け、次
は勝ちました。すると友人Aから電話があり、今からこっちに来ると
いうので、待ってる間手持ち無沙汰ということもあってゲーム続行と
なりました。結局3回の約束が10回くらいやったように思います。
友人Aが来てゆっくりするのかなと思いきや、コーラを一杯飲んだ後
LAに行ってくると言い、すぐに出ていきました。その後どちらが先か
忘れましたが、翌日帰国するA-chanとTXTが始まりました。
この日は会えないだろうと思って、明日気を付けて帰って下さいとTXTすると、今ベイウォークにいると返信があったので、LAの近くで玉突きしてますと返しました。すると今から行きますと返信があり
ました。A-chanを待っている間、珍しくピナ2人組がお客として来て
いたのですが、彼女達から挑戦したいとの申し出がありましたので、
早速プレイすることになりました。1人目とのゲーム中にA-chanが
登場。1人目には勝ったのですが、2人目に負けてしまいました。
私はCと交代してA-chanと雑談。しばらくすると2人組が帰ったので
私とA-chanでゲームを始めました。何(十)年ぶりというA-chanを
相手に危ない場面もありましたが、何とか勝利を収めました。その後
再び雑談。タイでの写真を見せてもらったり、後にマハルコ2号に
昇格した木馬のお姉ちゃんとのスイートなTXTを見せてもらったりして過ごしました。しばらくまったりしてましたが、いい時間になって
きたのでここで解散。精算を済まして外に出ると土砂降りでした。
A-chanはタクシーに乗り込み、私たちはタクシーに乗る距離でも
無いので歩いて帰ることに。この時いつの間にか手を繋ぎ、出来る
だけ軒下を通って濡れないようにしたのですが、ホテルに戻る頃に
2人ともずぶぬれになっていました。

Cとの再会 第2話

久し振りの再会だったので、少しは変わったかな?と想像しながら
ホテルのロビーで待つこと30分。ようやくCがやってきました。
すっぴんに寝間着のような格好で現れ、少し期待してた分ギャップ
の激しさにいきなりテンション下がりました。

挨拶もそこそこに部屋へ行き、早速教えてもらうことにしました。
携帯を渡して説明を聞いていましたが、ネットカフェへ行って手続
した方が早いと言われたのでロビンソンに移動しました。15分程
で完了したので行こうとすると、どこかのサイトを開いてゲームを
始めました。仕方ないので終わるまで少し待ってあげました。次に
する事もないので一旦ホテルに戻ろうと考えましたが、友人Aも
ロビンソンに来ていることを思い出し、電話するも応答せず。仕方
ないのでロビンソンを出ました。すると友人Aから電話があり、今
まだロビンソンに居るというのでUターンしました。友人Aの彼女
も一緒だったので、みんなでお茶しに行くことになり、しばらく
そこでまったりしていたのですが、お腹も空いてきたので解散と
なりました。Cに何が食べたいか聞くと、けん太に行きたいと言う
ので移動し、店の前まで来るといつものようにKTVの女の子達が
ビラ配りしていました。K2号からも前に話を聞いていたので、
ここの前を通るときはいつも居やしないかとビクビクしています。
駐車している車の後を通って足早に中に入りました。

入店するなり2人ともトイレに駆け込んでから席に着きました。C
は天ぷらの盛り合わせとカリフォルニア巻を頼み、私は酒の肴に
なりそうな物をいくつか注文しました。他愛もない会話をしながら
納豆やホタテわさびを食べさせてみたりしましたが、やはり口に
合わないようでした。とりあえずお腹も一杯になったので、この後
は帰りたければ帰るも良し、どこか行きたい所があるならそこへ
行くも良しと言ってみると、ビリヤードがしたいと言いました。
明日学校あるのに良いのかなと思ったら、昼からだから大丈夫との
返事。聞く前までは全く意識しませんでしたが、ひょっとしてCは
泊まっていく気なのかな?と思いました。何故か分かりませんが、
複雑な気持ちを持つと同時に、妙に期待感もあったりで変な感覚
でした。とりあえずけん太を出てビリヤード出来る場所へ向かい
ました。

SEAIR

皆さんはボラカイへ行ったことがありますか?私はまだありません。
今回行く予定でしたが、中止になってしまいました。その話はまた
今度書くとして、そのボラカイへのルートは、PAL(カリボ経由)で
行く方法と、国内線でカティクランへ行く方法があります。あと、
フェリーで行く方法もあるようです。詳細につきましてはどこかの
HPなどでしっかり調査して下さい。

国内線利用の場合、いくつか航空会社があるのですが、そのうちの
一つがSEAIRです。この前渡比した時に、何気に歩いていましたら、
丁度営業所がオープンしていました。場所は、マビニとファウラの
交差点のところです。中に入って業務内容まで確認してないので、
詳しいことは分かりません。普通に考えたら、予約・発券などは
してくれるだろうと思います。何もここでなくても旅行会社などで
出来ると思いますが、この近くを常宿にしてる方などは便利かと
思います。また、ボラカイだけでなく、アンヘレスや、パラワン、
セブなど各方面にもフライトがあるようです。詳しくはSEAIRのHP
をご覧下さい。

以上、不親切極まりない現地情報でした。



DSCF0591-01.jpg


ロビンさん達と・・・

CとのTXTが終わって眠りについたのですが、なんとすぐに目が
覚めてしまいました。しばらくするとロビンさんから一通のTXT
が届きました。1時にワンサイドでビリヤードしましょうとの事
でした。4時に約束があるのでそれまで遊んでくださいとTXTを
返し、時間が来るまでまで部屋でゴロゴロしてました。身支度を
済まし、時間になったのでホテルを出てマビニを歩いていると、
1台の車がスーッと寄ってきました。一瞥し、なんとなく見覚え
がある車だなぁと思っていると、運転席の窓が開き、ロビソさん
の顔が見えたので車に乗り込みました。中にはロビンさんともう
一人初めてお会いする方が乗っていらっしゃいました。TENNOさん
ですと紹介され挨拶すると、ロビンさんが、ワンサイドがまだ準備
できてないので場所を変えますと説明されました。

次ぎに向かったのは、純が鐘を鳴らした後、再現写真を撮った場所
でした。ここは既に2台ともプレーしていたので先に食事を済ませ
ました。その後ロビソさんが馬男に変身。小さな女の子がいました
ので、親交を深めるべく?近づいていきました。驚いた女の子は
泣き出し、見えないところへ避難しました。よっぽど怖かったのか、
嗚咽を漏らしながら泣き続けていました。その様子を見ていた私達
は大笑いです。受け入れてもらえなかった馬男は、残念ながら
女の子の心までは征服出来なかったようです(笑)ロビソさん、
世界征服にミソ付けちゃいましたね。ここでばらしちゃって申し訳
ありません。

順番待ちをしていた肝心のビリヤードですが、ここの従業員が忘れて再び先客のプレー続行となりました。再度馬男に変身したロビソさん
は、避難している女の子に静かに接近していきます。物陰から様子を伺っていると、女の子が気付いてまた泣き始めました。

かれこれ1時間ほど経ち、台も空きそうにないので、再びワンサイド
に移動。ようやくプレーとなりました。9ボールでゲームスタート。
皆さん上手なので緊張してしまいました。私の順番になって最初に
突くときなんか左手震ってましたからね(恥)2〜3球突いた後に
少しは緊張はほぐれてきましたが、すぐにミスして交代。たまたま
展開に恵まれて最後の1球が私に回ってきたので、都合3回ほど
勝たせていただきました。その後2回ほどプレーしてタイムアップ。
私一人だけ先に失礼してホテルに向かいました。

 | HOME |  »

Travel



カレンダー

02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール


raccoon

Author:raccoon
Birthday:196X
E-mail:raccoon8@gmail.com




無料カウンター

友達限定!写真&裏話
日々是亜細亜〜写真館〜


最近のエントリー


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


検索フォーム


RSSリンク


PoweredBy

Powered By DTIブログ


お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Book



Love Goods






Cellphone