日々是亜細亜

フィリピンを皮切りに、アジアの可愛い女の子を探す旅をしています。

Live Chat




Friend's Blog


Favorite Blog


Rate

USD PHP CNY THB VND
1円あたり こちら こちら こちら こちら こちら
日本円にすると こちら こちら こちら こちら こちら


上海でクリスマス・イブ

フィリピンに行く事が出来ない間に、2回も中国に行ってしまい
ました。今回は予定になかったのですが、急遽訪中することに
なり、おまけにクリスマスイブを過ごしてきました。それなりに
結構楽しむことは出来ましたが、やはり早くフィリピンに行き
たいと思う今日この頃です。年明けに渡比する予定ですので、
今から楽しみで仕方ありません。従いましてブログの不定期更新
は暫く続くものと思われますので、気長にお付き合い下さい。

時系列ではありませんが、とりあえず上海は新天地のクリスマス
ツリーをご覧下さい。

DSCF1057-01.jpg


本日も手抜き記事で申し訳ありません。このブログにご覧頂いた
皆様、今年一年お世話になりました。来年もどうぞ宜しくお願い
致します。

思うようにいかない・・・

ホテルに戻って早速凸凹開始。が、ここであることに気付きました。
膝が痛くて思うように曲がらないのです。この日昼過ぎから痛みを
感じていたのですが、凸凹して原因が分かりました。昨日の2時間
にわたる凸凹に違いありません。同じ体勢で挑むと関節がキリキリ
と痛むのです。仕方なく位置を変えてみましたが、やはり全て痛み
がとれるわけではありませんでした。小姐に上になってもらったり
いろいろ工夫しつつ我慢しながらも続けましたが、とうとう断念
することになってしまいました。彼女にも謝って、明日の早朝に
再挑戦することになりました。

浅い眠りの後、彼女を起こして早速凸凹開始。やはりこんな短時間
で痛みがとれるわけもありませんが、往生際の悪い私はなんとか
踏ん張って、最終的には昇天することに成功。こんなにつらい思い
までして凸凹するのは初めてだったかもしれません。この小姐とは
相性が良かっただけに、ベストコンディションで臨めなかったこと
が心残りとなりました。近いうちに再戦すると心に誓い、私は上海
をあとにしたのでした。

上海の中のフィリピン

用事を済ませた後、現地友人のRさんの所へ行きました。何でも
夕食をご馳走してくれるとのこと。昨夜の日本食レストランへは
行けないなと思いましたが、折角の好意を無にするわけにもいき
ませんので、遠慮なく甘えることにしました。韓国風焼肉に行き、
Rさんに注文をお任せして食べることに専念。一つ不思議に思った
のですが、網を変えるタイミングの早いこと!一度網いっぱいに
焼いたら、すぐ次の網に交換です。これが韓国式なのか中国式か
分かりませんが、そこまでする必要があるのかなとなんとなく
思ってしまいました。

食事も済み、次は新天地にある香港広場へ移動しました。ここは
外国人も多く集まってくるお洒落なお店が建ち並ぶ場所です。
Rさんの従業員からフィリピン人のバンドのいるライブハウスが
あると聞いていたので、そこへ案内してくれるのだと思いました。
案の定そこへ到着。入店すると超満員。なんとか座るところを
確保しました。辺りを見回すと、お客の若い欧米系お姉ちゃん達
が曲に合わせて踊っていて、目の保養になりました。

ト 「なんか葉巻の匂いがするね」
私 「そうですか?」
ト 「うん。葉巻吸いたくなってきたからちょっと買ってくる」

そう言い残してトトさんは出ていきました。15分くらい経って
戻ってきました。

私 「遅かったですね。葉巻ありました?」
ト 「無かったよ。一通り散歩してきただけだった」
私 「そうなんですか?」
ト 「うん。さっきピナ3人組のバンドがいる店発見したよ」
私 「本当ですか?」
ト 「うん。ここはそこそこで切り上げて、そっちにいこうか?」
私 「いいですよ」

はやる気持ちを抑えながら、暫くその場にいたのですが、キリの
良いところでRさん達に挨拶して2人で店を出ました。少し歩き
ピナ達のいる店に到着。バンドのすぐ横のテーブルを確保して
飲み物を注文しました。暫く眺めていると、スパニッシュ系顔の
お姉ちゃんが話しかけてきました。

女 「ニーハオ」
ト 「中国人じゃないよ。日本から来た」
女 「こんばんは」
私 「こんばんは。あなた達はどこから来たの?」
女 「フィリピンです」
私 「マガンダンガビ」
女 「あ〜!ベテランナ〜」

そんなきっかけで少し彼女達と話をしていました。その後暫く
彼女達の歌を聴きながらまったりとしていましたが、トトさんも
私もピナと話したことでテンションが上がってしまい、この後
どうするか相談したところ、やはりKTVへ行って弾けようと
いう結論に達し、精算して大急ぎで向かったのでした。

私の相手は決めていたのですが、予約していたわけじゃないので
いるかどうか分かりません。ママに順番に呼んできてもらうと、
私のお目当て発見。彼女は三田佳子を若くした感じで、トトさん
も結構気に入ってました。彼女の隣にいた子をトトさんが指名。
2人ともすぐ相手が決まり、それぞれ思い思いに過ごしました。

早朝から・・・

朝起きて時計を見ると丁度7時くらいでした。ドーピングがまだ
効いていて凸は元気一杯でした。昨日逝けなかったこともあって
かなり悶々としてました。朝から出張を呼ぼうか、かなり考えて
いましたが、この日の予定もあったので、とりあえずトトさんに
相談することにしました。電話を掛けると、眠そうな声で応える
トトさん。相談すると、トトさんもゆっくりするからどうぞとの
ことでした。私は早速電話を掛けて出張凸凹を呼びました。待つ
こと30分。華奢な女の子が部屋に入ってきました。言葉の壁が
あるのでうまく意志の疎通は図れませんでしたが、私はシャワー
を浴びたよと伝えると、そのまま全裸になり、いきなり凸凹開始。
暫くチュパしてもらい、その後挿入。自らの快感のみを追求する
べく、ひたすら腰を打ち付けました。昨日の反動なのかどうか、
あれだけ苦労していけなかったことを思うと、割と短時間で昇天
することができました。(とはいっても3分とかじゃないですよ・
笑)

すっきりしたので、出掛ける準備をしてトトさんに電話しました。

私 「お待たせしました。こっちは準備OKですよ」
ト 「じゃ、こっちもこれからシャワーしてそっちに行きます」
私 「了解しました」

ネットをしながらトトさんを待っていましたが、待てども一向に
来る気配がありません。どうしたものかと思い、電話をかけよう
かなと思った頃に、呼び鈴が鳴りました。部屋にトトさんと小姐
を入れて、少し話をしました。

ト 「ごめん。遅くなっちゃったね」
私 「あ、いいですよ」
ト 「いや、シャワー浴びた後、彼女見てたらもう1回したく
   なって・・・聞いたらいいって言うからしちゃった」
私 「あはは。そうなんですか?」
ト 「気持ち良かった〜」
私 「よかったですね」
ト 「うん。それじゃご飯食べに行きましょうか?」
私 「そうですね」

2人とも朝から性欲を満たし、食欲も満たしてから用事を済ませに
行きました。

誰にしようか・・・

女の子3人対私でサイコロゲームをずっとやってました。負ける
度にお酒を飲まなくてはいけないのですが、女の子は負けたら交代、
私は一人で受けなくてはいけません。分が悪いのは分かり切った
ことですが、酒が入る度に思考回路も低下していきます。悪循環を
繰り返し、相当な量を飲んでしまいました。これ以上は無理とギブ
アップしてソファにもたれ掛かりました。ゲームに夢中になって
いたのですっかり忘れていましたが、肝心な今日の相手を決めなく
てはなりません。暫く3人で話をしながら、どうしようか考えて
いました。トトさんは、小柄で細身の小姐がいいんじゃないかと
アドバイスをくれましたが、隣に座っていて何かと気遣ってくれた
やや大柄な小姐に決めました。そしてそろそろ帰ろうということに
なり、ママを呼んでもらいました。

私 「そろそろ帰ります」
マ 「どうもありがとうございました」
ト 「ご馳走様」
マ 「それでどうなさいます?」
ト 「連れて帰ります」
私 「僕はこの子にします。明日はあの子ね」
マ 「分かりました」
ト 「明日また来ますね」
マ 「お待ちしてます」

4人で店を出てホテルに向かいました。トトさん達は相変わらず
甘い雰囲気で良い感じで、自分の部屋に入っていきました。私達
も部屋に入り暫く会話してましたが、小姐がショートで帰りたい
というので、それならとすぐにシャワーを勧めました。私も交代
してシャワーを浴び、カーテン全開で早速凸凹開始。外は上海の
夜景が綺麗に映っていました。まずは舌技と指技で軽く1回逝って
もらい、その後突入。何度か体位を変えて、結合部を世間様に見せ
つけるように菊一文字。このシチュエーションは結構興奮しました。
その後も何度か体位を変えて頑張っていましたが、酒のせいか一向
に逝く気配がありません。ひょっとして今日は逝けないかもと思い
ながら続けていましたが、そんなことを考えていたらますます逝け
なくなってしまいました。そのお陰で小姐を更に2回ほど逝かせる
という結果を得ましたが、流石に私も疲れて逝けず終いで中断する
ことにしました。ふと時計を見ると都合2時間弱も戦っていたこと
を知り、余計に疲れてしまいました。そして小姐を帰し、深い眠り
に就きました。

 | HOME |  »

Travel



カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール


raccoon

Author:raccoon
Birthday:196X
E-mail:raccoon8@gmail.com




無料カウンター

友達限定!写真&裏話
日々是亜細亜〜写真館〜


最近のエントリー


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


リンク


検索フォーム


RSSリンク


PoweredBy

Powered By DTIブログ


お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

Book



Love Goods






Cellphone